Bitoku (Sailing Before The Wind) インタビュー


国内メタルコアに革命をもたらしてきたSailing Before The Wind。6月13日 (火曜日) に初台WALLで開催することが決まっているキャリア初のヘッドライナー&60分セットライブを目前に、リーダーのBitoku君にインタビューをしてみました。当日ご来場されるファンのみなさん、是非これを読んで、遊びにいらしてください。

★★★

「Judgement」時代からライブメンバーも大きく変わり、Leave All BehindのメンバーだったボーカリストRyoichiや、ギタリストのDaisukeとKousukeがライブメンバーとして活躍し、今やSailing Before The Windのライブサウンドを支える重要な存在になっていると思います。Bitoku君にとって、今のSailing Before The Windの状態はどうですか?

状態は、過去最高に良いです。

2~3年前に比べると、現在のラインナップに落ち着いてからバンド内の空気感は完全に別物、伸びしろも感じます。今のペースでライブ活動行えているのは、このメンバーだからこそ。ボーカルのRyoichiは前任者とはだいぶ違う、飾らない等身大スタイルの持ち主ですが、今のライブスタイルにフィットしていると思います。

ギターのKosukeは独自の方法論を持ち込んだりエフェクター作ったり、僕には到底できないことをサクっとやれる理系人で、色々と凄い。もう一人のギターDaisukeは以前Dayfalls.というバンドにいたのもあってスカウトしましたが、人間的な部分での魅力が大きいのかなと。バンドってライブ以外で一緒にいる時間の方が長いですからね。

ドラムは縁あって今はC-GateのHiroki君にサポートして助けてもらっています。ライブを見たことがある人は分かると思いますが、彼のドラミングはまさに"叩く"って感じで爽快です。リズム隊目線でも素晴らしいドラマーだと感じます。

共通して言えるのは、彼らはみな勝手に伸びていくタイプなのも長所です。0から100まで自分が言うには限界があるし、一定の自発性・自主性がないとダメなので。 ドラムとギターに関してはHiroki君以外にもサポートでHibiki君(A Ghost of Flare/Sever Black Paranoia)やKairi君(ex-Beyond Her Words)に助けてもらうことがあり救われています。

Photo by : Masaya Fukuda

昨年の5月にリリースした「Sanctuary」は、前作「Judgement」からおよそ4年振りとなった作品でしたよね。初期Sailing Before The Windを支えてきたKneeyaやTakayaがこの作品を制作するにあたり、重要な存在になっていると思いました。これまでSailing Before The Windに携わってきた人達の存在は、今のBitoku君にとってどんな存在ですか?

ある種の原動力です。

共有した時間のことを思い返す度に、立ち止まるわけにはいかない、と持ち直せる。それこそKneeyaやTakayaと一緒にやっていた頃は、本当に思うようにいかないことの連続で、とにかく苦しくて。何に焦っているか分からないまま焦って。そういう時間を過ごしたからこそ、Sanctuaryに関わってもらいました。オリジナルメンバーの2人とはこれからも関わっていくつもりです。